スマホ老眼

今、若い人に「スマホ老眼」が急増しているそうです。

スマートフォンの画面をずっと見続けると、目のピント調節力が低下していわゆる「老眼」に…そんな若者が急増しているそうです。
老眼は早い人で40代からと言われていますが、今や20代から要注意の症状なんです。

「スマホは目に近いところで見るので、目に非常に大きな負担がかかっているんです。目には水晶体というカメラのレンズに当たるものがあって、近くを見るときは厚くなって、遠くを見るときは薄くなるんですが、その厚みを調節する毛様体筋がスマホを長時間見続けることで固くなって、動きが鈍くなるそうです。その結果、ピント調節機能が落ちて、見えづらくなってしまうということだそうです」

コメントは受け付けていません。